マクラーレンの2021年09月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレンF1、“時代遅れ”のシミュレーターと風洞が足枷に

2021年9月30日
マクラーレンF1、“時代遅れ”のシミュレーターと風洞が足枷に
マクラーレンF1の勝利への道は、“時代遅れ”のインフラストラクチャにある程度妨げられている。

現在、マクラーレンF1は新しいシミュレータと風洞をワーキングのファクトリーに建設中だが、それらは2023年まで準備が整うとは予想されていない。

また、2023年に導入されたとしても、すぐに利益がもたらされるわけではないため、マクラーレンが投資の効果を体験するのは2024年シーズンとなる。

ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」

2021年9月30日
ミカ・ハッキネン 「ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではない」 F1ロシアGP 決勝
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、F1ロシアGPで雨が降り始めたときにステイアウトするというランド・ノリスの“勇敢な決断”を責めるべきではないと語る。

ランド・ノリスは、レースの大部分をリードし、ルイス・ハミルトンの追撃をかわしてF1初勝利にむけて戦っていたが、ソチに降り注いだ終盤の雨が状況を一変させた。

マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立

2021年9月30日
マクラーレンF1のランド・ノリス、カートチーム『LN Racing Kart』を設立
マクラーレンF1のランド・ノリスは、OTK Kart Groupと協力して若い才能を発掘するためのカートチーム『LN Racing Kart』を立ち上げたことを発表した。

ランド・ノリスは、2014年に現在ハースのF1ドライバーであるニキータ・マゼピン、レッドブルジュニアドライバーのユアン・ダルバラを抑えてタイトルを獲得し、最年少の世界カートチャンピオンになった。

マクラーレンF1代表 「スリックでステイアウトさせたのはチームの責任」

2021年9月27日
マクラーレンF1代表 「スリックでステイアウトさせたのはチームの責任」 F1ロシアGP 決勝
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1ロシアGPのレース終盤にランド・ノリスがスリックタイヤでステイアウトするという決断と最終的にはチームの判断だと語った。

14周目にフェラーリのカルロス・サインツからリードを奪ったランド・ノリスは、日曜日のレースの大部分をリード。53周のレースの46周目に雨が悪化し始めたときは、メルセデスのルイス・ハミルトンを抑えていた。

ランド・ノリス、雨に流された初勝利 「精神的に打ちのめされている」

2021年9月27日
ランド・ノリス、雨に流された初勝利 「精神的に打ちのめされている」 F1ロシアGP 決勝
マクラーレンのランド・ノリスは、F1ロシアGP決勝でのF1初勝利を終了間際の雨によって逃したことで「精神的に打ちのめされている」と認める。

自身初のポールポジションからスタートしたランド・ノリスは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の猛攻を凌ぎ、レースの大部分をリードしていた。

しかし、残り10周を切ったところでソチ・オートドロームには雨が。ランド・ノリスは、インターミディエイトに交換することをせずにステイアウトすることを決断。

ダニエル・リカルド 「僕たちはモンツァの勢いをキープできている」

2021年9月26日
ダニエル・リカルド 「僕たちはモンツァの勢いをキープできている」 F1ロシアGP 予選
マクラーレンのダニエル・リカルドは、2021年F1ロシアGPの予選を5番手で終えた。

前戦F1イタリアGPでダニエル・リカルドが衝撃的な優勝を果たしたマクラーレンは、今週末はランド・ノリスがポールポジションを獲得。前戦からの勢いを維持している。

ランド・ノリス、F1初ポールに感無量「子供の頃からずっと夢見ていた」

2021年9月26日
ランド・ノリス、F1初ポールに感無量「子供の頃からずっと夢見ていた」 F1ロシアGP 予選
マクラーレンのランド・ノリスは、2021年F1ロシアGPの予選でF1初ポールポジションを獲得した。

ウェットとドライのクロスオーバーぎりぎりの難しいコンディションとなった予選Q3でランド・ノリスは、素晴らしいパフォーマンスを披露。2番手に0.517秒差をつけて見事F1初ポールポジションを獲得した。

マーティン・ウィットマーシュ、アストンマーティンでF1界に復帰

2021年9月22日
元マクラーレンF1チーム代表のマーティン・ウィットマーシュ、アストンマーティンでF1界に復帰
元マクラーレンF1のチーム代表だったマーティン・ウィットマーシュが、アストンマーティンF1チームに新設されたパフォーマンステクノロジー部門のCEOとしてF1界に復帰。チームを“世界選手権で勝てる組織”へと構築させていく。

マクラーレンF1で24年間働き、2008年から2014年までチーム代表を務めたマーティン・ウィットマーシュが、アストンマーティンF1チームのパフォーマンステクノロジー部門を率いることになった。

ダニエル・リカルド 「自分のトロフィーがセナの隣に飾られるなんて夢のよう」

2021年9月19日
ダニエル・リカルド 「自分のトロフィーがセナの隣に飾られるなんて夢のよう」
マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1イタリアGPの優勝トロフィーが、マクラーレン・テクノロジー・センター内にアイルトン・セナが獲得したものと並んで飾られるのは“夢のような”な気分だと語った。

ダニエル・リカルドは、先週日曜日のF1イタリアGPで、2012年以来となる勝利をマクラーレンにもたらした。チームメイトのランド・ノリスも2位に入り、マクラーレンは11年ぶりに1-2フィニッシュを達成した。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム