マクラーレンの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス 「メルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースはある」

2021年4月29日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「メルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースはある」
ランド・ノリスは、マクラーレンが今週末のF1ポルトガルGPでメルセデスやレッドブル・ホンダと戦えるペースを持っていることを期待している。

前戦F1エミリア・ロマーニャGPでランド・ノリスは自身2度目の表彰台を獲得。最終的には抜かれたものの、レース終盤、挽回していくるメルセデスF1のルイス・ハミルトンは数周にわたって抑えてみせた。

ランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンを抜かなくてよかった」

2021年4月27日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「マックス・フェルスタッペンを抜かなくてよかった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、3位表彰台を獲得したF1エミリア・ロマーニャGPを振り返り、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を抜くことができかもしれないが、アタックしなかったことで表彰台を確保できたと主張した。

ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスのクラッシュによるデブリが撤去され、ランド・ノリスは、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールに次ぐ3番手でリスタートを迎えた。

マクラーレンF1 「フェラーリと戦うために2021年マシンの開発は継続」

2021年4月24日
マクラーレンF1 「フェラーリと戦うために2021年マシンの開発は継続」
マクラーレンF1は、2022年に大幅なレギュレーション変更が控えているものの、潜在的な利益が見込まれている間は2021年F1マシンの開発を継続する。

2022年に導入されるF1レギュレーション、そして、今年から導入された金融規制により、F1チームは今季と来季のマシン開発において難しい決断を迫られている。

ダニエル・リカルド、チームオーダー発令に「プライドは捨てた」

2021年4月21日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド、チームオーダー発令に「プライドは捨てた」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でチームメイトのランド・ノリスを先に行かせるというチームオーダーを“プライドを捨てて”受け入れたと語った。

レース序盤、マクラーレンF1の2台はダニエル・リカルドが5番手、ランド・ノリスが6番手を走行していた。しかし、ランド・ノリスの方がペースは良く、無線で「クリーンな空気が必要だ」と伝え、18周目にノリスを前に出すようリカルドに無線が飛んだ。

マクラーレンF1代表 「ドライバーはテスト不足に不満を言うべきではない」

2021年4月21日
マクラーレンF1代表 「ドライバーはテスト不足に不満を言うべきではない」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、チームのドライバーであるダニエル・リカルドを含め、2021年F1マシンに適応しているドライバーがいたとしても、プレシーズンテストの欠場について「不満を言うべきではない」と語る。

今年、マクラーレンに加入したダニエル・リカルドは、チームメイトのランド・ノリスに追いつこうとしていることを認めている。しかし、他のチームからの移籍後の適応時間不足が不十分であると考えているように見えるドライバーはリカルドだけではない。

マクラーレン、ウォーキング本社を米国の不動産大手GTLに256億円で売却

2021年4月21日
F1:マクラーレン、ウォーキング本社を米国の不動産大手GTLに256億円で売却
マクラーレンは、英国ウォーキングにある本社マクラーレン・テクノロジー・センターをアメリカの不動産大手Global Net Leaseに1億7000万ポンド(約256億円)で売却することに合意した。

マクラーレンは、昨年の世界的な新型コロナウイルスのパンデミックにより、自動車およびレース事業の収益が大幅に減少した後、財政を強化するためにこの物件を市場に投入した。

F1エミリア・ロマーニャGP:DRIVER OF THE DAYはランド・ノリス

2021年4月19日
F1エミリア・ロマーニャGP:DRIVER OF THE DAYはランド・ノリス
マクラーレンF1のランド・ノリスが、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのドライバー・オブ・ザ・デーに選出された。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。F1エミリア・ロマーニャGPでは7番グリッドからスタートして3位でフィニシュし、自身2度目となる表彰台を獲得したランド・ノリスが選ばれた。

ランド・ノリス、自身2度目の表彰台「ほぼ完璧なパフォーマンス」

2021年4月19日
ランド・ノリス、自身2度目の表彰台「ほぼ完璧なパフォーマンス」 / マクラーレン F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1キャリア2回目となる表彰台を獲得したF1エミリア・ロマーニャGPでのパフォーマンスは“ほぼ完璧”だったと表現した。

今週末、ランド・ノリスの唯一のミスは、予選Q3のターン9でトラックリミットを超過したことだった。フロントローも可能なラップタイムだったが、ベストタイムは抹消されて7番グリッドからスタートすることになった。

ランド・ノリス、幻のフロントロー「かなりガッカリしている」

2021年4月18日
ランド・ノリス、幻のフロントロー「かなりガッカリしている」 / マクラーレン F1エミリア・ロマーニャGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選を7番手では終了。トラックリミット超過がなければフロントローを獲得できていたことに悔しさをにじませた。

ランド・ノリスは、予選Q3の最後のアタックで一時的に1分14秒454をマークしてタイムシートの2番手に浮上。しかし、トラックリミット超過によってタイムは抹消され、最終的に7番グリッドとなった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム