ランド・ノリス、自身2度目の表彰台「ほぼ完璧なパフォーマンス」 / マクラーレン F1エミリア・ロマーニャGP 決勝
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1キャリア2回目となる表彰台を獲得したF1エミリア・ロマーニャGPでのパフォーマンスは“ほぼ完璧”だったと表現した。

今週末、ランド・ノリスの唯一のミスは、予選Q3のターン9でトラックリミットを超過したことだった。フロントローも可能なラップタイムだったが、ベストタイムは抹消されて7番グリッドからスタートすることになった。

だが、決勝でランド・ノリスは、ウエットとドライの両方のコンディションで素晴らしいペースを見せ、赤旗中断前には3番手まで順位を上げていた。

リスタートでシャルル・ルクレールを抜いて2番手に浮上したランド・ノリスだったが、後方から物凄い勢いで挽回してきたルイス・ハミルトンを抑えることはできず、3位でレースをフィニッシュした。

イモラでの表彰台について振り返ったランド・ノリスは「全体として、自分自身にもチームにもとても満足している。Q3を除けば、かなり完璧な週末だったと言いたい。僕たちは金曜日から土曜日までの最初の数日間、そして、そのセッションなどを通してマシンを大幅に改善させた」とコメント。

「僕たちはベストな状態でスタートしたわけではないけど、多くのことを改善している。予選はとてもいい仕事をしたと感じた。Q1とQ2の両方で1回の走行しか必要なかったのは初めてだったし、タイヤを節約し、Q3に良い機会を与えるのに十分なラップができた。ポールポジションに近づき、事実上3番手になって、そのあと7番手に下がった。僕サイドもチームサイドもほぼ完璧だった。僕たちは非常に良い仕事をしたと思う」

「昨日はがっかりしたので、自分自身にとってかなり波乱に富んだレースだったけど、今日は3位に戻ることができたし、他の人たちも自分のために報われたと感じると思うけど、もっと重要なことはチームだ」

マクラーレンは、赤旗中断後、ランド・ノリスとダニエル・リカルドの2台にソフトタイヤに装着することを選択したが、マックス・フェルスタッペン、フェラーリ勢、ルイス・ハミルトンは、より耐久性のあるミディアムタイヤを継続した。

ランド・ノリスは、ソフトタイヤのマネジメントは“大変”だったと認めるが、シャルル・ルクレールに先んじることができたので、マクラーレンの決定を称賛した。

「大変だったよ! 僕たちはソフトを使うことに決めた。タイヤを機能させる自信があまりなかったので、追い越すのは簡単ではなかった」とランド・ノリスは語った。

「ルイスは別の言い方をするかもしれないけどね! でも、それは正しい決断だったと思う」

「マックスのちょっとした瞬間は別として、シャルルはリスタートでマックスより先にドライブすると思ったけど、彼もコースオフしていたので、それを利用しなかった。マックスが加速したとき、彼はリスタートでたくさんのホイールスピンしていた。そして、それはミディアムタイヤと彼らの決定のせいだ。だから、僕たちはソフトを続けるという決定をした。良いは真、良い再スタートができたし、彼の前に出ることができた」

「最後の数周はかなり大変になることは分かっていたので、再スタート後、1周目からタイヤを節約し始めた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン