マクラーレンF1代表 「ドライバーはテスト不足に不満を言うべきではない」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、チームのドライバーであるダニエル・リカルドを含め、2021年F1マシンに適応しているドライバーがいたとしても、プレシーズンテストの欠場について「不満を言うべきではない」と語る。

今年、マクラーレンに加入したダニエル・リカルドは、チームメイトのランド・ノリスに追いつこうとしていることを認めている。しかし、他のチームからの移籍後の適応時間不足が不十分であると考えているように見えるドライバーはリカルドだけではない。

カルロス・サインツ(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)も彼らの初期の奮闘についてオープンに語っている。

だが、アンドレアス・ザイドルは「これが我々にとって驚きだったとは言えない」と語る。

「あるマシンから別のマシンに乗り換えるのは簡単ではないことを我々は知っている」

「それらのドライバーはすべて非常に才能があり経験豊富だが、現代のマシンはコントロールが難しく、最後のコンマ数秒を引き出すのはそれほど簡単なことではない。

「これは目新しいことではない。ダニエルと我々のエンジニアは、この問題を解決するための十分な経験を持っていると思う。時間の問題だ」

「しかし、彼らはテストが1日半しかなかったと文句を言うべきではない。すべてのチームがお金を節約するためにそれに同意した。この話題にこれ以上ツッコンで話をすることに意味はない」

しかし、アンドレアス・ザイドルは、2022年に関しては、技術規則が劇的に変化するため、調整することを望んでいる。

「そのような状況では、我々が収集して情報を分析し、対応できるよにテストの間にブレイクを入れた2つのテストを行う方がいいと思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。

一方、アンドレアス・ザイドルは、イモラでのバルテリ・ボッタスのような1回の大きなクラッシュが、新しい予算上限の下でチームの開発スケジュール全体を混乱させる可能性があるというトト・ヴォルフの主張に答えるよう求められた。

「我々はこの経済的な問題について知っているが、週末のレースの準備をするときはそれについて考えていない。そして、我々は常にドライバーにコース上で賢明に行動するように注意を促している」とアンドレアス・ザイドルは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン