フェリペ・マッサ 「フェラーリF1との最初の契約は家族以外には秘密だった」
フェリペ・マッサは、スクーデリア・フェラーリとの最初のF1契約を秘密にしておくことを余儀なくされ、家族にしか話すことは許されなかったと明かした。

フェリペ・マッサは、2006年にザウバーからスクーデリア・フェラーリに移籍。チームの歴史のなかで最も長くサービスを提供し、最も成功したドライバーの1人になった。

スクーデリア・フェラーリでミハエル・シューマッハとキミ・ライコネンに次ぐ139戦に出場したフェリペ・マッサは、11勝と15回のポールポジションを獲得している。

しかし、フェリペ・マッサは、スクーデリア・フェラーリとの最初の契約はかん口令が引かれ、家族にしか話すことが許されていなかったと明かした。

2000年、フェリペ・マッサは、同じシーズンにイタリアとヨーロッパのフォーミュラ・ルノー2.0でタイトルを獲得。その時点でスクーデリア・フェラーリは動き出していた。

「同じシーズンにイタリアとヨーロッパのフォーミュラ・ルノー2.0チャンピオンシップで優勝した」とフェリペ・マッサは映画 Motorsport Heroesのクリップで述べた。

「その後、多くの人が僕と契約を結ぼうとした」

「マラネロでフェラーリとのミーティングが開催された。当時は僕はそのことを知らなかったけど、彼らは僕が行ったすべてのことを監視していた。テスト、テレメトリ、レース、すべてをね。それから彼らは『OK、我々はフェラーリのヤングドライバーとして君と契約を結ぶつもりだ』と言った」

「以前にそのような契約はなかった。『だが、キミは誰にも言ってはいけない。それは秘密でなければらない』。それで僕はフェラーリと8年間の契約を結んだ、そして、誰にも言うことを許されなかった! 僕の家族だけだ。それは信じられないほど困難でだった」

「それから僕はフェラーリエンジンでザウバーのためにドライブした。そして、フェラーリが私を選ぶことに決めたという電話を受けた。それで、2006年に僕はフェラーリのためにレースをしていた。それは夢の実現だった」

ザウバーでのルーキーシーズン中、マッサは2002年のチャンピオンシップで13位に終わった後、2003年にテストドライバーとしてフェラーリに移籍した。

その後、2004年と2005年シーズンにザウバーに戻り、それぞれ12位と13位でフィニッシュした。

2006年、ミハエル・シューマッハの長年のチームメイトであるルーベンス・バリチェロの後任としてスクーデリア・フェラーリに移籍。最初のシーズンで、フェリペ・マッサは、ミハエル・シューマッハとタイトルを獲得したフェルナンド・アロンソに次ぐドライバーズチャンピオンシップで3位でフィニッシュした。

2008年、フェリペ・マッサは初のF1ワールドチャンピオンまであと1ポイントだったが、ブラジルでの最終戦で5位フィニッシュし、7回のタイトルの最初のタイトルを獲得したルイス・ハミルトンに敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / フェラーリ