F1 ダブルディフューザー
フェリペ・マッサは、ダブルディフューザーが容認されたことで、オーバーテイクが困難になったと考えている。

2009年のレギュレーション改訂では、オーバーテイク促進を狙ってマシンの空力要素が大きく制限され、F1マシンのルックスは様変わりした。

しかし、ダブルディフューザーの登場によって、テクニカル・ワーキング・グループの努力は台無しになったとマッサは語る。

「FIAが計画したように、マシンはダウンフォースを減らした」

「しかし、ダブルディフューザーを容認されたことで、計画はひっくり返されてしまった」

ティモ・グロックは、可変フロントフラップさえも、オーバーテイクの助けにならないと語る。

「前のクルマの乱気流の中にいるときは、グリップが全くなくなってしまう。四輪全てが滑っている状況になるんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ