フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、2011年シーズンの抱負を語った。

2009年に直にKERSでのドライビングを経験していますね。今年、再びKERSを使うことについてどう思いますか?
僕たちは2009年と同じ方向性で取り組んでいると思うし、それ以来多くの開発がなされてきた。まだ、それを試したわけではないけど、僕たちには優れたKERSがあると思うし、ちょっと軽くなって、マシンのセットアップを損なわずに強くなっていると思う。関連するあらゆる変数に対して完璧なシステムを見つけることが重要だ。

マシンのノーズの高さによって視野に問題が出てくると思いますか?
ノーズは高くなっているけど、変更やシートのセットアップに多くの作業を行ってきた。何も問題はないと思う。

シーズンは非常に長いですが、体力トレーニングのスケジュールはどうなっていますか?
たくさんトレーニングをしたよ。通常、僕はブラジルにいるんだ。暖かいし、今の時期は夏だからね。ここヨーロッパでは難しい。KERSに関しては体重も考慮した。

去年、あなたのドライビングスタイルはマシンに合っていませんでした。今年の兆候はいかがですか?
そうだね、多くのことが変わっている。最初から最後のレースまでもっと競争的でいたいし、ピレリのタイヤも助けになると思う。

ピレリタイヤはドライビングスタイルにおいてどう助けになりますか?
昨年、ブリヂストンは2009年と比較してフロントタイヤを大きく変更した。それによってアンダーステアが多くなった。タイヤはとても硬くなって、適切な温度に上げるのが難しくなった。フロントタイヤを修正しょうとしたけど、そうしたらリアタイヤがうまく働かなくなったので、本当に苦労した。今年、ピレリはより強力でグリップのあるフロントタイヤを用意している。僕のドライビングスタイルにより適している。

去年はあなたにとって不愉快なエピソードがいくつかありましたね。チームからの保証を求めましたか?
僕は勝ちたいと望んでいるチームでレースをしている。チームを100%信頼しているし、彼らは勝つために戦う完璧なクルマを与えてくれる。

関連:
フェラーリ F150 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | フェラーリ