マルシャ
マルシャが、ザウバーと合併するかもしれないと Auto Motor und Sport が報じている。

「(マルシャのチームオーナー)アンドレイ・チェグラコフは、集団の後ろを走るためだけに自分のポケットを深く探らなければならないことにうんざりしている」と同紙の記者ミハエル・シュミットが伝えた。

「だが、彼はF1にはとどまりたいと考えている。当初はトト・ヴォルフが持つウィリアムズの株式を買い取ることを望んでいた」

「バーニー・エクレストンもこれを支持していたが、独立性を望むクレア・ウィリアムズが拒否した」

「そして、今後はロシア人たちがザウバーに目をつけた」

一方、RTL Nederland は、オランダ人ビジネスマンのマルセル・ボークホーンが、フォース・インディア買収に関心を示しているという。マルセル・ボークホーンは、ケータハムのドライバーであるギド・ヴァン・デル・ガルデの義理の父にあたる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マルシャ | ザウバー