F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、2019年にザウバーのリザーブドライバーとしてチームに残ることになるが、2019年の自身の計画にはあまり大きな影響を及ぼすことはないと考えている。

ザウバーは、2019年のドライバーとしてキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィを起用することを決定。マーカス・エリクソンはレースシートを失うことになった。

マーカス・エリクソンは、リザーブドライバーとしてチームに残ることになり、ザウバーとの関係を完全に断つわけではない。

しかし、2019年はシュミット・モーターソン・モータースポーツからインディカーに参戦することになっており、ザウバーの役割はそれほど重要なものではないと考えている。

「僕たちはまだ座って議論する必要がある。なぜなら、僕は2019年のレースプログラムに100%集中したいとことを非常に明確にしてるし、このインディカーのオプションに全力を注ぎたいと思っている」とマーカス・エリクソンは Autosport にコメント。

「チームとのコネクションを保ているのは嬉いけど、自分が何するのが、自分の役割が何かを正確に見極める必要がある」

「でも、僕の110%のフォーカスはインディカーにあるのは確かだ。そうでなければ、そこに行く意味はないからね」

「自分が数多くのレースに行くことになるとは思っていないけど、シーズン後に我々がそれについて話し合うときに確認してみるつもりだ」

「でも、アメリカにいて、そこにレースをしていれば、F1レースに1週間おきに来ることはないと思う」

今後数年間、F1復帰を目指すかどうかと質問されたマーカス・エリクソンは、はインディカー・プログラムに“完全”にコミットすることになる可能性が高いと述べた。

「僕にとってF1で最後のレースとなる可能性はかなり高いけど、将来何が起こるかは決してわからないものだし、そのドアを閉めたくない」とマーカス・エリクソンはコメント。

「私はそこにうまくやるために完全にコミットしてアメリカに行くし、しばらくそこに留まることになると思っているけど、2年後に何が起こるか決してわからない」

「今はこの章を今閉じているし、将来は何が起こるかはそのあと見ていくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | ザウバー