ロータス
プロトンは異議を唱えているが、ロータス・レーシングはチーム・ロータスの名称は使用可能だと主張している。

ロータス・レーシングは、先週金曜日に2011年からチーム・ロータスとして参戦することを発表した。

グループ・ロータスの親会社プロトンは、ロータスのチーム代表であるトニー・フェルナンデスには来年“チーム・ロータス”を使う権利はないと述べ、ブランドを保護するために“必要なあらゆる処置”をとると主張している。

しかし、ロータス・レーシングのリアド・アスマットCEOは、チームには“チーム・ロータス”を使用する権利があると反論した。

「今年、我々はグループ・ロータスのライセンシーとして、F1の新チームの先頭として確立している。我々全員がチーム・ロータスを復活させることを夢見たが、それらの権利はチーム・ロータス・ベンチャーズによって所有されていたため2010年にそうすることはできなかった」

「Tuneグループがチーム・ロータス・ベンチャーズを買収した今、我々は2011年以降、チーム・ロータスの名称を使うことができる。我々は、自身が所有しているとの全幅の信頼をもって2011年に臨み、トラックに向うことがdけいる」

「しかし、グループ・ロータスによる異議を考えると、さらなる議論がないよう、今はこの問題を明確にする時だと考えている。したがって、我々は本日、チーム・ロータス・ベンチャーズにはチーム・ロータスという名称を使う権利があり、F1に関連するブランドと結びついていることを宣告するためにイギリスの高等裁判所に手続きを提出した」

「2011年からチーム・ロータスとしてレースをするということは、グループ・ロータスとのライセンスは終了したことを意味する」

リアド・アスマットは、チーム・ロータスの使用を巡る論争は“議論するまでもない”と語る。

「ライセンス議論は、本当に議論するまでもないことだ。2010年単独のプロトンとの1年間のスポンサー契約であり、単なるライセンスだった。実施ア、チーム株主によって投資のはごく小さな範囲だった。予算全体で約1.5%だ」

「我々は1年契約の延長について議論したが、残念ながら合意には至らなかった。ロータス・レーシングとして参戦するライセンスをグループ・ロータスと契約したとき、彼らにはチーム・ロータスの名称またはその権利に対する権利がなかったので、我々がチーム・ロータスに言及できないことを非常に明白にしていた」

「実際、1985年というかなり昔に、彼らは名称を使用する権利がないことに契約上で合意していたので、1マレーシア・レーシングとグループ・ロータスとのライセンス契約ではチーム・ロータスの使用ははっきりと禁止されていた」

「我々はそのことにかなりの敬意を払っていたし、チーム・ロータス・ベンチャーズが獲得しているということをはっきりと理解できるまで、変更は試みなかった」

「現在、我々が今年運営していたライセンスはグループ・ロータスによって撤回された。我々はそれを受け入れ、そのチャプターは終了に達した。これは我のチーム全員にとって新しい、非常にエキサイティングな始まりだ。ライセンスを終了する件についてプロトンおよびグループ・ロータスといくつか議論しなければならないことがあるだろう」

「率直にいって、彼らは権利が終了したことでTシャツデザインの承認を含めた非常に些細な点を言おうといているが、我々は完全にそれを拒否している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケータハム