マルコ・ソレンセン
マルコ・ソレンセンは、2014年のロータスのリザーブ兼育成ドライバーに就任。主にシミュレーターでの作業を担当していく。

ロータスは、レースドライバーのロマン・グロージャンとパストール・マルドナドに加え、シャルル・ピックをリザーブドライバーに起用することを発表。併せて、育成ドライバーだったマルコ・ソレンセンが、ニコラ・プロストとともに“リザーブ兼育成ドライバー”に就任することを発表した。

すでにロータスの育成ドライバーだったマルコ・ソレンセンは、リードシミュレータードライバーのニコラ・プロストとともにエンストンのファクトリーでE22の膨大な開発作業を行っている。

「今年は多くのシミュレーター作業をすることになるし、そのあとどんなテストがあるか様子をみていく」とマルコ・ソレンセンはコメント。

「シミュレーターでよい仕事をして、クルマに追加のペースを与える手助けをするのを楽しみにしている。チームに僕の価値を示す素晴らしい方法だ」

「だぶんシーズンで6〜7のF1レースに行くつもりだし、それも素晴らしい経験になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス