ロータス E20
ロータスは、2012年F1マシンを「E20」と命名したことを発表した。

今年からロータスとして参戦するチームは、1992年のベネトン時代からエンストンのファクトリーを使用してきた。

2012年F1マシンは、エンストンで設計された20番目のマシンであり、エンストンの頭文字“E”をとって「ロータス E20」として呼ばれることになった。

「シャシー名称はチームの進化に対するエンストンの重要性を称えており、施設、そして最高のマシンを作るために毎年休みなく働いてくれたスタッフの貢献への我々の感謝を表している」とロータスのチーム代表エリック・ブーリエはコメント。

「我々はE20がそれを証明してくれることを望んでおり、世界にマシンを示し、初めてトラックに出ていくことを楽しみにしている。技術的に昨年から多くの変化があるし、異なる姿を経てきたこのチームにとっての500戦目を含め、我々は2012年シーズンの20戦を通してE20から最大限を引き出すために新たに刺激的なドライバーラインナップを起用した。E20がエンストンのデザイン力を発揮するものであることを期待している」

ロータス E20は、2月5日(日)の現地時間17時(日本時間25時)にオフィシャルサイトで公開される。

ロータス E20 ティザー



関連:2012年 F1マシン 発表予定日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス