F1チーム、土曜日のスプリントレース案に“幅広いサポート”
F1は、2021年に3つのグランプリで土曜日にスプリントレースを導入することに一歩近づいた。

F1は、グランプリ週末をよりエキサイティングにする方法を模索しており、2020年にはリバースグリッドの予選レースの計画が議論されたが、提案は全会一致の承認を受けることができなかった。

F1の新しいCEOであるステファノ・ドメニカリは、リバースグリッドのコンセプトは廃案としたが、いくつかのグランプリでレース週末のフォーマットを変更することを継続的に検討していると述べていた。

新しい案として土曜日にスプリントレースを実施することが提案された。100km もしくはグランプリの3分の1の距離で開催されるスプリントレースは、土曜日の予選に代わって実施され、トップ8のドライバーには通常のグランプリで与えられるポイントの半分が付与される。また、金曜日には2回のセッションに代わって予選セッションが行われる。

木曜日に行われたF1、FIA、F1チーム間のバーチャル会議の後、正確なフォーマットの具体的な詳細やポイントが付与されるかどうかは発表されなかったが、コンセプトは“幅広い支持”を受けたとF1は声明で述べた。

「すべてのチームは、さらにエキサイティングな週末の形式を確保するために、新しく革新的な方法でファンを引き付けることの重要性を認識している」とF1は声明で述べた。

「ワーキンググループは、2021年のチャンピオンシップの開始前に最終決定に達することを目的とした完全な計画を作成する任務を負っている」

2006年に3ステージセッションが導入されて以来、F1の予選フォーマットはほとんど変わっていない。

コンセプトは2016年に微調整され、ドライバーは90秒間隔で排除されましたが、このフォーマットは広く批判され、2つのイベントの後に廃止された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA