ル・マン24時間
2017年 ル・マン24時間の予選2・3回目が15日(木)、サルト・サーキットで行われ、トヨタ 7号車がポールポジションを獲得。トヨタ 8号車も2番手に続き、トヨタがフロントローを独占した。悲願のル・マン24時間初制覇に挑む。

第85回ル・マン24時間レースの予選2日目はドライコンディション。午後7時間から予選2回目、午後10時から予選3回目が各2時間にわたって行われた。

ル・マン24時間は、3回の予選セッションが行われ、それら予選3セッション中の最速ラップタイムで決勝のスターティンググリッドが決定する。

ポールポジションを獲得したのはトヨタ 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ステファン・サラザン)。

予選2回目でトヨタ 7号車は小林可夢偉が3分14秒791を記録。2015年にニール・ジャニ(ポルシェ)が記録したコースレコードの3分16秒887を2秒以上更新してル・マン24時間の予選新記録を樹立した。

2番手はトヨタ 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン)。予選3回目で3分17秒128を記録。トヨタがフロントローを独占することになった。

3番手はポルシェ 1号車(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ)、4番手はポルシェ 2号車(アール・バンバー/ティモ・ベルンハルト/ブレンドン・ハートレー)が続き、ポルシェの2台が2列目に並ぶ。

トヨタ 9号車(ニコラス・ラピエール/国本雄資/ホセ・マリア・ロペス)は予選3回目でタイムを更新したものの、5番グリッドからスタートすることになった。

LMP2クラスはG-Drive Racing 26号車、GTE ProクラスはAston Martin Racing 97号車、GTE AmクラスはLarbre Competition 50号車がポールポジションを獲得した。

ル・マン24時間の決勝は、17日(土)の現地時間15時(日本時間22時)にスタート。昨年、残り3分でル・マン制覇を逃したトヨタ。19回目のル・マン挑戦となる今年、トヨタはフロントローから悲願の初制覇に挑む。

2017 ル・マン24時間 予選結果

PosNoDriverTeamCarTime
17小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ステファン・サラザン
Toyota Gazoo RacingToyota3m14.791s
28中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
Toyota Gazoo RacingToyota3m17.128s
31ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ
Porsche LMP TeamPorsche3m17.259s
42アール・バンバー
ティモ・ベルンハルト
ブレンドン・ハートレー
Porsche LMP TeamPorsche3m18.067s
59ニコラス・ラピエール
国本雄資
ホセ・マリア・ロペス
Toyota Gazoo RacingToyota3m18.625s

2017年ル・マン24時間 スケジュール

日付セッション開始時間
(現地時間)
終了時間
(現地時間)
開始時間
(日本時間)
終了時間
(日本時間)
6月14日(水)公式練習16:0020:0023:0015日(木) 3:00
予選1回目22:0024:0015日(木) 5:0015日(木) 7:00
6月15日(木)予選2回目19:0021:0016日(金) 2:0016日(金) 4:00
予選3回目22:0024:0016日(金) 5:0016日(金) 7:00
6月17日(土)ウォームアップ9:009:4516:0016:45
決勝レース15:0018日(日) 15:0022:0018日(日) 22:00


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース