ランド・ノリス、体調不良から回復してF1ブラジルGPに出場へ
マクラーレンのランド・ノリスは、金曜日にインテルラゴスのパドックに元気な姿をみせており、体調不良から回復して問題なくF1ブラジルGPに出場できるようだ。

木曜日はランド・ノリスは食中毒の疑いでメディア業務をキャンセル。エンジン供給元のメルセデスのリザーブドライバーのニック・デ・フリースがシート合わせを行って代役としてスタンバイしていた。


だが、金曜日にランド・ノリスはインテルラゴスのパドックに登場。「簡単に僕を追い払うことはできない」とTwitterに投稿した。

マクラーレンは、アルピーヌF1チームとオスカー・ピアストリをリザーブドライバーとして起用していたが、2023年の契約を巡って対立。最終的に2023年にマクラーレンへの加入が決定したことで、この契約はうやむやとなった。

オスカー・ピアストリは、まだアルピーヌF1チームのとの契約をリリースされていないが、現在はすべての役割を外されてガーデニング休暇を強制されているとされ、ブラジルには帯同していない。

代役として待機していたF2およびフォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースは、これまでメルセデス、アストンマーティン、ウィリアムズでフリー走行1回目に出走し、F1イタリアGPでは虫垂炎に倒れたアレクサンダー・アルボンの代役としてウィリアムズから参戦し、9位入賞を果たし、来季はアルファタウリF1のレースドライバーを務めることが決定している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1ブラジルGP