F1:ランド・ノリス 「ライコネンとは3年間で一言も話さなかった」
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、F1で3年間一緒にレースをしたにも関わらず、短い挨拶を除いて、キミ・ライコネンと1度も「話したことはない」ことを明らかにした。

昨年、キミ・ライコネンは、42歳でF1を引退し、20年にわたるキャリアに終止符を打った。最後の3シーズンはアルファロメオF1で過ごして57ポイントを獲得、一方、ランド・ノリスは、ライコネンの元所属チームであるマクラーレンでF1デビューを果たして、評判を築き上げていった。

だが、ランド・ノリスは、20歳離れているキミ・ライコネンと3シーズンで60回のグランプリ週末をトラックで共有したにも関わらず、一度も話をしなかったと明かした。

QuadrantのYouTubeチャンネルで、ランド・ノリスは、ファンからキミ・ライコネンを恋しく思うかどうか質問された。

ランド・ノリスは「彼とは『調子はどう?』以外に一言もじゃべらなかったと思う。知っているけど、あまり知らない誰かとすれ違うときのような感じだ」と答えた。

「キミを見れないことを恋しく思っている。彼のインタビューなどとね。でも、それを除けば、ノーだ」

「世界には他にもたくさんのクールな人々がいるし、エキサイティングなグリッドがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / キミ・ライコネン