マクラーレンF1のランド・ノリス 「ルクレールにブレーキテストしてやろうかな」 F1アブダビGP 木曜記者会見
マクラーレンF1のランド・ノリスは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とのライバル関係について流行りの“ブレーキテスト”という言葉を使って冗談交じりに語った。

“ブレーキテスト”は、F1サウジアラビアGPでポジションを譲ろうとしてストレートで減速したマックスフェルスタッペンをルイス・ハミルトンが無線で非難したときに出た言葉だ。

マックス・フェルスタッペンは、ペナルティを回避するためにチームの指示でポジションを返そうとしていたが、ルイス・ハミルトンはそれに気づいていなかった。後に詳細を知ったハミルトンは問題についてスタンスを和らげている。

ランド・ノリスは、最終戦で両方のランキングを戦っている。マクラーレンF1は、コンストラクターズランキング3位のフェラーリに38.5ポインと差をつけられており、より現実的な見通しは、4ポイント差で前にいるシャルル・ルクレールとのドライバーズランキング5位争いだ。

F1アブダビGPの記者会見にシャルル・ルクレールと並んで座ったランド・ノリスは、マックス・フェルスタッペンが後ろを走行するルイス・ハミルトンに対しての“不安定”な走行に“わずか”10秒のペナルティしか科されなかったことで、「試してみる価値のある戦術」だと語った。

シャルル・ルクレールとのポイント差を縮めるために何ができるかと質問されたランド・ノリスは「ええと、彼にブレーキテストしてやろうかな? 10秒ペナルティだけだからね!」と冗談マ切りにコメント。

「ドライバーとしてフェラーリに前にいたい。チームとして彼らの前で終えることができれば、さらに良いだろう。でも、それは非常にロングショットだ。ある意味、モンツァの週末がもう1つ必要だ」

ランド・ノリスの前半戦は素晴らしいものだったが、後半戦、特に最近のレースでは不運が相次いでいる。

「今、僕たちがフェラーリと戦えているのは、シーズン序盤に僕たちが強かったからだ。個人的にも強かったと思う」とランド・ノリスはFormula1.comに語った。

「序盤は非常に自信があり、それらの機会を利用するために常にそこにいたと感じている」

「他の多くのチームよりも準備が整ってスタートしたと思う。僕が長い間ドライーズ選手権で3位だったのはそれが理由だ」

「シーズン後半もいい仕事をしたと思う。ただ、最初のように物事がうまくいかなかった」

「2つの半分の側面だけど、シーズンの改善には完全に満足している。うまく締めくくりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1アブダビGP