マクラーレンF1のランド・ノリス、ユーロ2020での強盗被害で「トラウマを負った」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、日曜日にロンドンのウェンブリースタジアムで行われたUEFAユーロ2020(欧州選手権)のサッカー決勝戦の事件の後で「トラウマを負った」と語る。

イングランドがイタリアに敗れたという混沌とした余波の中で、21歳のランド・ノリスはマクラーレンのスポーツカーに戻ったときに強盗に遭い、高価な時計を手首から奪われた。

「ありがたいことに、ランドは無傷だった」とマクラーレンは声明で伝えた。

また、ランド・ノリス自身も、今週末のシルバーストンでのホームレースに向けて“順調に進んでいる”とし、“準備ができて正しいゾーンにいることを確認しようとしている”と語った。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、事件について沈黙を破った。

「ランドとその件についてたくさん話した」とザク・ブラウンは語った。

「私は若い頃、ロサンゼルスで3回強盗に遭ったので、自分の話を共有した。現実には世界には悪い人がいる」

「彼は少しトラウマを抱えているが、大丈夫だ」

また、ザク・ブラウンは、サッカーの決勝戦の運営を批判し、それが混沌としたシーンが広まっている理由だと彼は考えています。

「大きなスポーツイベントで危険を感じてはいけない。修正する必要がある。F1でそのようなことを見ることは決してないだろう」とザク・ブラウンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン