ランド・ノリス 「メルセデスのF1パワーユニットだけでは勝てない」 / マクラーレンF1
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年のメルセデスのF1パワーユニットへの切り替えは、マクラーレンが勝利を勝ち取るために必要な多くの改善の1つに過ぎないと語る。

今シーズンまでルノーのF1パワーユニットを搭載するマクラーレンだが、2021年からはチャンピオンチームと同じメルセデスのF1パワーユニットに切り替える。

「楽しみにしていることだ」とランド・ノリスは語る。

「僕たちが前進するのに役立つ追加になると信じている。でも、それがすべてではない。エンジンだけに頼るのではなく、シャーシ自体で多くのタイムを見つける必要がある。だから、助けであり、前進ではあるけど、F1にはたくさんのことがあり、F1マシンを速くするために必要なパーツはたくさんある。パワーユニットは数十万のうちのひとつにすぎない」

「良いことだし、楽しみにしていることだ。僕たちを助けてくれると確信している。まずは今シーズンを切り抜けて、今の自分たちにできる限りの仕事をして、来年のそれを楽しみにしなければならない」

ランド・ノリスは、2020年シーズンが長く延期されていることで、シーズンが開幕したときにはF1ドライバーにとって身体的に非常に厳しいものになると予想していると語る。

「実際にはまだ何も発表されていない。彼らは数か月後にはレースが再開されることになると言っているし、オーストリアが最初のレースになるかもしれない。同じレーストラックに連続して2~3週間いることになるかもしれない」

「忙しくなるだろうね。シーズン再開が可能になり次第、彼らはたくさんのレースを開催することを目指しているからね」

「F1カーは世界で最速で運転するのに最も体力を使うマシンのひとつなので戻ったときは身体的に厳しいだろうね。簡単ではないだろう。でも、とても興奮している。安全が確保された次第、できるだけ早くレースに戻りたい。その機会が待ち切れない」

2021年にメルセデスのF1パワーユニットを搭載するマクラーレンだが、新型コロナウイルスの影響によってF1は来季も2020年シャシーを継続仕様することが決定しており、マクラーレンは特例としてエンジンの乗せ換えのために必要なシャシーの改良を許可されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン