ランス・ストロール、“チームオーナーの息子”という批判について語る / レーシング・ポイントF1
レーシング・ポイントのランス・ストロールは、“チームオーナーの息子”だという批判を楽しんでいると主張する。

父親のローレンス・ストロールが所有し、2021年にアストンマーティンへと名称を変更するレーシング・ポイントに所属してF1ドライバーでいることで、ランス・ストロールは“ペイドライバー”“親のコネ”との批判に耐えなければならない。

その状況は、来年、セバスチャン・ベッテルがチームに加入する際に、ランス・ストロールよりもドライバーズランキングで41ポイント多く獲得しているセルジオ・ペレスがシートを失ったことによってさらに悪化した。

しかし、ランス・ストロールは、否定的なコメントをパワーに変えていると語り、今年のF1イタリアGPでの3位やF1トルコGPでのポールポジションといった結果に繋がっていると語る。

「そういった批判は大好きだ。燃料に変えている」とランス・ストロールは Beyond The Grid にコメント。

「批判を燃料に変えずに、長々と考えていれば、内側から食い尽くくされてしまう。だから、僕はそれを受け入れて、人々が間違っていることを証明するためのエネルギーとして使うことを学んだ。そうすることが大好きだし、燃料として使うには強力なものだと思う」

「いつも自分に『結果で黙らせてやれ』と言い聞かせてきた。初日からずっとそうだった。僕の生まれや経歴のおかげで、僕がうまくいかないことを望み、失敗することを願う人がたくさんいると思う。それは問題ではない。誰もが自分の意見を持つ権利がある」

「結局のところ、コース上で語るしかない。僕は、F1に到達するまでに、F4、F3、トヨタ・レーシング・シリーズなどの主要なチャンピオンシップで勝ってきた。そして、F1では表彰台に上がり、ポールポジションを獲得し、多くの良いレースをしている」

だが、10月下旬に22歳になったばかりのランス・ストロールは、F1がもたらす様々な課題に対処することを

しかし、10月下旬に22歳になったばかりのストロールは、ドライバーとしてF1が提示するさまざまな課題に対処する方法を常に学んでおり、まだその作業は進行中だと認めている

「僕の一貫性はベストではない。自分でもそれは分かっている」とランス・ストロールは付け加えた。

「そこは僕がまだ取り組んでいる部分だ。過去数年で一貫性は間違いなく良くなっている思う」

「でも、F1で自分がここにいる価値があることをうまく証明してきたと思っているし、それはずっと変わらないだろう。そのことは認識している」

「変なことをすれば、人々は悪いことを話し始める、うまくやれば、誰もがすぐそこにいて分け前を望む。それはすべてサーカスの一部だ」

「おかげで僕は間違いなく神経が図太くなったと思う。非常に多くの逆境、非常に多くの障害を伴ってきた」

「F1は、レースについてだけでなく、人生についても多くのことを教えてくれたと思う。逆境を乗り越え、感情を管理することなどね」

「F1は、技術面、体力面、精神面など、あらゆる範囲で自分が行けるとは思っていなかった限界を超えて自分自身をプッシュしなければならなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / レーシングポイント / アストンマーティン