F1 ランス・ストロール
レーシングポイントのランス・ストロールが、2019年のF1世界選手権 第3戦 中国GPへの意気込みを語った。

「今週末の中国に何を期待すべきかはわからない。異なる種類のトラックなのでバーレーンよりも競争力があることを願っている。いくつか速いコーナーがあって流れが素晴らしいし、走っていて楽しい。シーズンで最も長いストレートがある非常にワイドなトラックだ」とランス・ストロールは語る。

「最後のヘアピンではしばしばドラッグレースが見られるし、おそらくそこがラップのベストなオーバーテイクの機会かもしれない

「バーレーンではクルマのバランスに苦しんだし、先週のテストで改善に取り組んだ。僕たちはまだ現在の空力パッケージを最大限に生かす方法を学んでいるところだけど、正しい方向に進んでいるように感じる。今週末の中国ではクルマからもっと多くのポテンシャルを引き出せると思う」

「1000回目のF1レースのグリッドに並べることを誇りに思う。人生でずっとこのスポーツを見てきた。250レース以上は見たはずだ。カナダに住んでいたとても若い頃、ヨーローパの朝食時に行われるレースを見るために早起きしたものだ。ミハエル・シューマッハを応援していたのを覚えているし、毎年父とカナダのレースを見に行っていた。2006年のシューマッハとアロンソのバトルが最も良い覚えているレースだ」

「自分がドライブしたなかで2017年バクーがお気に入りであることは間違いない。多くのドラマが起こったレースだったし、ファンにとってもエキサイティングなレースだったと思う。コックピットでも同じくらいスリリングだったし、ここまでの僕のF1のなかでのハイライトであるのは間違いない」

関連:2019年 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランス・ストロール | F1中国GP | レーシングポイント