F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ウィリアムズのロバート・クビサは、F1中国GPで最もエキサイティングだった瞬間はフォーメーションラップでスピンしたときだと自虐的に語った。

ロバート・クビサは、アレクサンダー・アルボンとアントニオ・ジョビナッツィが予選に参加しなかったことで18番グリッドからスタート・しかし、二人はすぐにクビサを抜き、チームメイトのジョージ・ラッセルを置き去りにしていった。

ロバート・クビサは、レースの大部分をジョージ・ラッセルと走ることになったが、まったく楽しめなかったと語る。

「僕にとって最もエキサイティングなレースの瞬間は、フォーメーションラップでスピンした時だった」とロバート・クビサはコメント。

「タイヤに熱を入れようとしていたら、低速の6ターンでクルマのコントロールを失った。良いスタートを切ってインサイドを突いたけど、正直なところ、何も危険に晒したくはなかった」

「レーシングポイントの一台の近くにいて、僕はイン側にいた。彼がラインを引き締めてくるかどうかわからなかったので、十分なスペースを残して、そこで順位を2つ失った」

「ペースがどんなものかをわっているときに何かを危険にさらすことは困難だ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ / F1中国GP