F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2019年の決断を迫られた際にフェラーリの開発ドライバーの役割を断るのは簡単な選択ではなかったと認める。

2011年のラリーでの事故でF1の表舞台から姿を消していたロバート・クビサだが、過去2年間でF1マシンをドライブする能力を示し、2019年にウィリアムズから8年ぶりにF1レース復帰を果たす。

だが、ロバート・クビサには、2019年にウィリアムズのF1ドライバーを務めるという他にも、フェラーリからシミュレーター兼開発ドライバーという魅力的なオファーが提示されていた。

「自分がやりたいことが何かはわかっていたけど、外から見た場合よりも状況が少し複雑なときもある」とロバート・クビサは Autosport にコメント。

「非常に興味日欠く、簡単にノーとは言えないものがいくつかあった。でも、最終的に僕はレーシングドライバーだ。長い間レースをしていなかったとしてもね。今回はレーシング精神が勝った」

「この決断には満足している。大きなチャレンジだからね」

ロバート・クビサは、事故の影響で右腕に制約があるが、その上で運転する方法を学んできた。今シーズン待ち受けている挑戦は十分に認識しているが、そのタスクに挑み、ウィリアムズによって提供された機会を最大限に生かせると確信していると語る。

「F1ドライバーになることは簡単なことではない。それができると人々を納得させ、F1バドックで自分を確立するのは簡単なことではない」とロバート・クビサは語る。

「それを実現するためにはたくさん走らなければならない。僕はこの12年間で経験を積んできたし、最終的に僕にはまたそれをするためのエネルギーがあると思う」

「このチャレンジンを心配したり、恐れてはいないし、うまくいくと思っている。素晴らしい機会を得ることができたし、僕が歩んできた長い旅のハッピーエンドだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ウィリアムズ