ロバート・クビサ
ロバート・クビサの手術が完了。担当医師は、ロバート・クビサが2011年シーズン全体を欠場する可能性があると述べた。

ロバート・クビサは、イタリアで開催されたラリー・ロンデ・ディ・アンドラで激しくクラッシュ。ピエトラ・リグレのサンタコロナ病院で7時間におよぶ手術を受けた。

事故により、ロバート・クビサは右腕、足、手を多発骨折し、特に深刻なのは押しつぶされた右手だった。

右手は切断の恐れもあったが、医師の長時間にわたる手術の末、なんとか血液供給を繋ぎとめることに成功した。

手術を担当した手の専門医であるイゴール・ロッセロは、手術が成功したかを評価するには数日かかると述べ、ロバート・クビサが回復するには最低でも1年は必要だと警告した。

「手が生き残っているかを実証するには少なくとも一週間待つ必要があります」とイゴール・ロッセロは述べた。

「機能の回復について最も懸念が残る点は神経障害です」

「リハビリは比較的長く、おそらく1年はかかるでしょう。彼は複合的な外傷と多発骨折の状態でここに運ばれてきました。必ずしも手にさらなる手術が必要というわけではありませんが、必要であればそうします」

イゴール・ロッセロ医師は、ロバート・クビサが再びF1マシンを運転することができるまでには少なくとも12ケ月はかかるだろうと認めるが、レーシングドライバーの回復力は予想以上のものだと述べた。

「良くて1年はかかるでしょう。今はかなり難しいと思いますが、それは誰にもわからないことです。ドライバーは常に特別な患者です。私には多くのモーターバイクの患者がいますし、彼らは非常に早く回復しています。通常の人々よりも早いです」

ロバート・クビサのコドライバーを務めたヤクプ・ゲルベルは、どうしてクビサがコースオフしたのかわからないと述べた。

「我々は最初のスペシャルステージの最初の4キロ地点にいました。私はノートを見ていて、クルマがスライドしていたのには気付きませんでした」

「クラッシュしたときに見たのはクビサが腕を抑えていたことだけです。数分後、彼は意識を失いました」

「ロバートは偉大なドライバーであるだけでなく友人でもあります。彼がすぐに回復してくれることをただ願っています」

ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、たとえ今年ロバート・クビサなしでシーズンを過ごすことになるかもしれないないとしても、クビサが新シーズンまでの期間にラリーを続けるという決定をしたことを擁護した。

「ロバートは我々が心から愛する人間だ。非常に悲しんでいるし、もちろんショックだ」

「それはロータス、ルノー、シュコダであるかに関係なく、まったく違いはないことだ。ビジネスに関係することではない」

「ラリーは彼が好きなことであるので、我々は彼にラリーをさせた。ラリーはクビサと彼の健全性を保つためにも不可欠なものだ。それにお互いに同意もある。我々はリスクを把握していたし、彼もそうだった。我々はドライバーにロボットや会社員を求めてはない」

ロバート・クビサのニュースを受け、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、ヘイキ・コバライネン、ティモ・グロック、ニック・ハイドフェルド、ルーカス・ディ・グラッシ、パストール・マルドナド、セルジオ・ペレス、カルン・チャンドック、ナレイン・カーティケヤン、ネルソン・ピケJr.、ファン・パブロ・モントーヤ、ニコ・ヒュルケンベルグ、セバスチャン・ブエミ、ファイルーズ・ファウジーといった多くの仲間、F1チーム、関係らがTwitterで彼の回復を祈るコメントを送った。

また親友のフェルナンド・アロンソは、イタリアの病院に駆けつけている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ルノー