ロバート・クビサ
ロバート・クビサが、2011年シーズンへの意気込みを語った。

ロバート、新シーズンまで1カ月です。待ち受ける挑戦に興奮していますか?
長い冬休みの後は、いつだってクルマに飛び乗る準備ができていると感じるものだし、今シーズンを本当に楽しみにしている。マシンの新しいカラーと同じように、レギュレーションにもダブルディフューザーの禁止、可変リアウイング、新しいピレリタイヤといった大きな変更がある。最初のレースまでに慣れなければならない新しいことがたくさんあるけど、シーズン開幕にむけてできるだけ準備できるように全力を尽くすつもりだ。

今年は、このチームでの2シーズン目となりますね。自分自身やクルマから最大限を引き出すのはより簡単になりますか?
もちろん、チームに加入するときは全てが新しいし、人々や彼らの作業方法を理解しなければならない。なので、今年それを心配しなくていいのは良いことだ。どのように予想すればいいかわかっているからね。クルマから最大限を引き出して、パフォーマンスを改善することにより集中しやすくなるだろう。

あらゆる規約変更の結果として、2011年のF1はどれくらい違ったものになると思いますか?
かなり異なると思うけど、F1マシンを限界まで走らせることは常にチャレンジなので、よりチャレンジングになると言うつもりはない。もちろん、KERSや可変リアウイングによってドライバーは忙しくなるけど、Fダクトを操作しなければならなかった去年よりは難しくないだろう。実際、変更によって両手をステアリングホイールに戻せるのは良いことだね! 確かに新しいシステムを理解するためにテストの最初の数日は集中しなければならないだろうけど、すぐに慣れて、すべてを無意識に扱えるようになると思うよ。

ドライバーとして、可変リアウイングは興奮されるものですか?
より多くのオーバーテイクのチャンスを生んでくれるのは間違いないと思うし、F1やショーにとっては良いことだと思うけど、後ろのクルマにアドバンテージを与えすぎないように注意する必要がある。ウイングがアドバンテージを与えすぎて、レースの全ての周回でオーバーテイクを見るようになれば、興奮はしないと思う。他に考えなければならないのはギアレシオだ。特に6速や7速で理想的なセッティグを見つけるのは大きなチャレンジになるだろう。予選にむけて良いセッショングを見つけたとしても、できるだけ多くウイングを使いたいときは、レースでは使用が制限されるので、いい妥協点を見つける必要がある。

開幕戦に備えるために冬季テストでの作業負担はどれくらい厳しいものになるでしょうか?
テストできる日数が限られているので簡単なことではないけど、バーレーンに備えるには十分に時間はあると思う。すべては序盤のテストで物事がどれくらいうまく進むかにかかっているし、走行時間を犠牲にする大きなサプライズがないことを願わなければならない。また、今年は多くの変更によってタスクは前年よりも大きくなるだろうし、KERSやリアウイング、新しいタイヤを理解するには多くの周回が必要だ。実際、タイヤについて学ぶことが最も時間がかかるだろう。異なるコンディション、異なる燃料搭載量でそれぞれコンパウンドを走らせる必要があるし、見つけなければならないことはたくさんある。出来る限り早くパフォーマンス作業を始められるようにテストがうまくスムーズにスタートしてくれることを願っている。

シーズンに向けての期待と予想は?
僕の目標は、いつものように、一年を通して一貫した良いパフォーマンスを届けることだ。それはどんなドライバーにとっても目標だと思う。現時点で僕たちのパッケージにどれくらい競争力があるかを知るのは難しいけど、エンジニアは革新的なデザインを選択することに決めたし、それはいいことだと思う。去年、僕たちは力強いシーズンをおくることができたし、今年も前進して、上位に近づけることを期待している。つまりそれはフェラーリ、マクラーレン、レッドブルのようなチームとレースをするということだし、それが簡単ではないことはわかっているけど、僕たちはその戦いの一員になれるように懸命に作業をしている。

関連:
ロータス・ルノーGP R31 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ルノー