ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンは、チームメイトのヤルノ・トゥルーリがスピードを取り戻していることを嬉しく思っていると述べた。

F1ハンガリーGPでアップデートが導入されるまで、ヤルノ・トゥルーリはチーム・ロータスのパワーステアリングに苦しんでおり、F1ドイツGPではカルン・チャンドックにシートを明け渡した。

ヤルノ・トゥルーリは、F1ハンガリーGPをマシントラブルでリタイアしたが、導入された新しいパワーステアリングを絶賛していた。

「新しいステアリングは彼により適していることは、チーム全体にとってだけでなく、僕にとってもポジティブなことだ」とヘイキ・コバライネンはコメント。

「自分の仕事をしているとき、それが良いのか悪いのかはわからないものだ。良い比較対象が必要だ」

「カルンも(ドイツで)立派なパフォーマンスをしたけど、ヤルノにはずっと経験があるし、現時点でチーム内に必要なことはまさにそれだ」

「チームメイトが強いほど、そして彼がマシンをより良く感じているほど、僕にとっても良いなんだ。さらに限界までドライブできるからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヘイキ・コバライネン / ヤルノ・トゥルーリ / ケータハム