F1韓国GP
韓国インターナショナルサーキットでの2日間の査察を終え、FIAはF1韓国GP開催にゴーサインを出した。

サーキット建設の遅れから、キャンセルも噂されたF1韓国GPだが、FIAのレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、サーキットに満足し、F1開催に必要な義務的なサーキットライセンスを発行した。

「満足している。(ASN)KARAを通じてライセンスを発行する」とチャーリー・ホワイティングはF1韓国GPが出したプレスリリースで述べた。

レース主催者のチャン・ユンチョCEOは、FIAからの承認を歓迎し、F1韓国GPが韓国の巨大な関心に火をつけると述べた。

「我々は、全ての作業をFIAを完全に満足させることで終え。我々は韓国全体と一緒に初めて韓国インターナショナルサーキットにF1の皆さんを歓迎できることを嬉しく思っている」

「韓国インターナショナルサーキットは、最高水準で建設され、韓国のモータースポーツの中心地となる。我々は、韓国GPが国の全域でスポーツに対する巨大な関心に火をつける促進剤になると信じている」

チャーリー・ホワイティング(FIA)とチャン・ユンチョ(KAVO)韓国インターナションナルサーキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1韓国GP / FIA