ケビン・マグヌッセン 「ミック・シューマッハはきっとF1に戻ってこれる」
ケビン・マグヌッセンは、チームメイトのミック・シューマッハがハースF1チームを離脱されたニュースを受け、将来的にF1に戻れるとエールを送った。

ミック・シューマッハは、木曜日にハースF1チームとの現在の契約が延長しないことが発表され、後任にニコ・ヒュルケンベルグが3年ぶりにF1に復帰することが決定した。

ケビン・マグヌッセンにとって、それはかつて『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』と言い放った男との再会を意味するが、その新しいパートナーシップが始まる前に、ミック・シューマッハと一緒に過ごした時間を振り返った。

「2つの気持ちがあるのは分かるよね?」とケビン・マグヌッセンは語った。

「ニコのような経験と能力をすべて備えたい人が参加するのはエキサイティングなことだ。その一方で、ミックに同情している。僕はそれがどのように感じられるかを知っているからね。僕自身、その状況に陥ったことがある」

ケビン・マグヌッセンは、1年間F1から離れていたが、ロシアのウクライナ侵攻とニキータ・マゼピンのポジションへの影響を受けて、2022年シーズンが始まる数週間前にハースF1チームに復帰した。

「彼(シューマッハ)は今年、良い仕事をしたと思う。人間としても彼のことは好きだ。彼にとって気の毒に思う」

「F1はタフだけど、復活することも可能だ。僕はそれを二度やった。彼が戦い続けて、グリッドに戻れることを願っている」

ケビン・マグヌッセンは、ミック・シューマッハはF1グリッドに並ぶに値すると考えており、「そこにぶらさがっている」必要があると語った。

「でも、『がんばれよ』と肩をたたくのもちょっと重いと感じている」とケビン・マグヌッセンは語った。

「僕はこのスポーツに 2 回戻ってきた。僕は何が起こるか誰にもわからないことを示した。F1では決して絶対と言うことはできない。だから、そこにぶら下っている必要がある」

「ミックのことは好きだし、彼はグリッドに並ぶに値すると思う。僕が言えることは、彼がうまくいくように願っているということだけだし、F1に戻る方法があると信じている」

2023年のすべてのシートは確認されており、F1グリッドにとどまるというシューマッハの選択肢は限られている。可能な選択肢として残っている唯一のシートはウィリアムズのシートであり、チローガン・サージェントがF1スーパーライセンスを取得できるかどうかにかかっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / ミック・シューマッハ