ケビン・マグヌッセン 「ヒュルケンベルグのハースF1加入は何も問題ない」
ケビン・マグヌッセンは、過去の因縁に関わらず、ニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームに加入する可能性を歓迎している。

ハースF1チームはまだミック・シューマッハを3シーズン目まで保持するかどうかを決定しておらず、ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年のF1グリッドの最後のスポットをめぐってシューマッハと争っている。

2019年にルノーでフルタイムでF1に参戦したのが最後のニコ・ヒュルケンベルグは、新型コロナウイルス期間、2020年にレーシング・ポイントでのセルジオ・ペレスとランス・ストロール、そして、今季はアストンマーティンでのセバスチャン・ベッテルの代わって最初の2レースで一連の代役参戦を果たした。

2017年のF1ハンガリーGPでは、ケビン・マグヌッセンとニコ・ヒュルケンベルグのコース上での争いがあり、マグヌッセンに芝生に押しだされたヒュルケンベルグはメディア取材でマグヌッセンを「グリッド上で最も非スポーツ的なドライバー」と呼んで近づいた。

ケビン・マグヌッセンは、ヒュルケンベルグが『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』と言い放ったことで遺恨が残った。それにもかかわらず、ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームがそうすることに決めた場合、ヒュルケンベルグと一緒に完璧にうまく機能すると確信している。

「ニコにはまったく問題はないと何度も言ってきた」とケビン・マグヌッセンは語った。

「実際、彼のことはレーシングドライバーとして尊敬している。彼を人としてよく知っているわけではない」

「でも、彼がセカンドカーに乗るべきかどうかについて、僕は意見を持っていない」

「ミックは今のところ良い仕事をしている。彼は今年の初めにいくつかの問題を抱えていたし、いくつかのクラッシュもあったけど、今は確実に速くなっている」

以前、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、2023年の2人目のドライバーの発表を急いでいないと述べていたが、最近では、F1ブラジルGP前に発表することを示唆している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース / ミック・シューマッハ