ケビン・マグヌッセン、2023年もハースF1チームに残留
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ケビン・マグヌッセンとの契約は複数年契約であり、2023年もチームに残留することを明言した。

29歳のケビン・マグヌッセンは、2020年シーズンの後にロマン・グロージャンとともにハースF1チームを解雇され、ミック・シューマッハと同じルーキーのチームメイトであるニキータ・マゼピンの到着に道を譲った。

だが、その後、ロシアのウクライナ侵攻によってニキータ・マゼピンで追放されたとき、ハースF1チームはケビン・マグヌッセンに再び契約することを選んだ。

ミック・シューマッハの2023年のシートはまだ安全ではないが、経験豊富なチームメイトのケビン・マグヌッセンには同じ不確実性はない。

ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは「ミックは、ケビンのようなチームメイトがいてとても幸運だ。彼は去年よりずっと良い場所にいる」とRed Bulletinに語った。

「ここにケビンがいることにネガティブなことはない。ケビンがここにいることを除いてね」とギュンター・シュタイナーは笑った。

実際、ミック・シューマッハは、ギュンター・シュタイナーの批判を飛び、2023年についての憶測を引き起こした。一連の注目を集めるクラッシュを含め、2022年の初めは経験豊富なチームメイトに追いつくのに苦労した。

ハースF1チームは、まだフェラーリジュニアドライバーであるミック・シューマッハとの新しい契約を結ぶ準備ができていないが、「フェラーリへの敬意から」交渉についての詳細を伝えることは望んでいない。

ギュンター・シュタイナーは「2週間待ってから決定が下される」と夏休みにドライバーのラインナップを検討していると語った。

しかし、ケビン・マグヌッセンにはもっと良いニュースがある。

「イエス。ケビンは複数年契約を結んでいる」

「我々は進歩を遂げており、何ができるかを示してきた。論理的にトップに立つためには、ポイントを獲得するために可能な限り最高のドライバーが必要だ」

F11は今週末フランスで開催されるが、インサイダーはポール・リカールが来年のカレンダーに登場することを期待していない。

「我々はすべてのレースを続けたいと思っている。しかし、それは起こり得ない」とギュンター・シュタイナーはドイツの放送局ntvに語った。

今週、FIA(国際自動車連盟)の関係者が、南アフリカでの新しいイベントのためにかつてのグランプリサーキットを承認するためにキャラミにいると報告されている。

「我々は物事が商業的に継続し、長い間行われていない国にスポーツをもたらすことを確認する必要がある」とギュンター・シュタイナーは語った。

ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース