ケビン・マグヌッセン 「ハースF1チームのマラネッロ移転は大きな効果」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームがマラネッロの新しい施設に移転したことが、チームがスピードを上げることに大きく貢献していると語る。

昨年、ハースF1チームは2022年のレギュレーションに専念するために競争力のない車をほとんど開発を行わなかった。その一方で、フェラーリのイタリアの拠点の敷地内で新しい本部を設置した。

「それはチームの素晴らしい変化でした」と追放されたニキータ・マゼピンの代わりに1年間の不在を経て、今年ハースF1チームに戻ったケビン・マグヌッセンは語った。

「彼らは僕が不在だった年に引っ越した。今ではマラネッロにより大きなグループがいる。これは、さまざまな部門間のコミュニケーションに役立ち、お互いに話し合うことができるようになっていると思う」

「すべての年月の間、僕たちのチームは世界中に分散していた。米国、イタリアに2か所、英国に1か所、非常に分散していた。コミュニケーションの面では、相手のデスクに行ってチャットするだけで簡単にできる」

「そして、もちろん、車にもそれが表れている。だから、ハースF1は良い場所に向かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース