ケビン・マグヌッセン 「ミディアムは間違ったタイヤだった」 / ハースF1チーム エミリア・ロマーニャGP スプリント
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1エミリア・ロマーニャGPのスプリントをミディアムで戦うというチェイスは間違った判断だったと認める。

ケビン・マグヌッセンとチームメイトのミック・シューマッハは、タイヤの持ちを期待して土曜日のスプリントをミディアムでスタート。残りのフィールドはソフトを選択した。

しかし、ドライバーの大多数は21周にわたってソフトに十分に対応し、ケビン・マグヌッセンはより速い車と戦うことになった。しかし、マグヌッセンは4つの順位を落とした後、最終的に8位でレースを終えた。

ケビン・マグヌッセンは、土曜日のスプリントで1ポイントを獲得したが、イモラで彼のために他に何が可能であったを見たいと語る。

後続のソフト勢を抑えるのに苦労したかと質問されたケビン・マグヌッセンは「みんながソフトを履いているのをの見てとても驚いた」と記者団に語った。

「フリープラクティスでソフトを試してみたけど、劣化しすぎると思っていたので、スタートで他のみんなソフトだったので、少しナーバスになった。

「彼らはレース前半の序盤に僕を追い抜いた。彼らの方が速かったからね。そしし、終わりに向かって、それはある種均等になった」

「でも、全体として、ソフトタイヤがあのレースに適したタイヤであり、僕たちはそれを学んだ。ポイントを獲得し、明日のレースに向けて8番手からスタ-トする。通常なら、僕たちはそれでかなり満足していると思う」

「それでも、僕たちは良い週末を過ごした。明日を楽しみにしているし、さらにいくつかのポイントを獲得できることを期待している」

ケビン・マグヌッセンは、チームがスプリントでどのコンパウンドを使用するかを判断するために、土曜日のFP2でソフトタイヤを走らせよたと説明した。

ソフトは最初の高速走行後もグリップを失い続けると考えていたが、理論が正しくない結果になり、最終的には初期の段階でより速く走るチャンスが失われたことを認めた。

「13周くらいで劣化の一歩を踏み出していた。そして僕はそれが続くと判断した」とケビン・マグヌッセンは語った。

「でも、13周目に他のみんなを見ると、それは同じようなものだった。少しステップしたけど、そこにとどまり、僕と同じペースだった」

「だから、ソフトタイヤが正しいタイヤだった。僕はそこを間違えた、でも、僕たちは新たな日に戦うために生きている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / F1エミリア・ロマーニャGP