ケビン・マグヌッセン 「ウィリアムズF1はラッセルに代えて僕に資金を求めた」
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンは、今年、自分に代わってジョージ・ラッセルはウィリアムズF1のシートを失っていた可能性もあったと明かした。

2020年末にハースF1のシートを失ったケビン・マグヌッセンは、ウィリアムズF1から今シーズンの契約のオファーがあったことを TV3 に明かした。

ケビン・マグヌッセンは、「F1に残るチャンスはあった」と語った。

「ウィリアムズと連絡を取っていた。でも、それはマクラーレンとルノー時代への回帰になっていただろう。ウィリアムズにかなりの金額を提供するためにたくさんのスポンサーを見つけなければならなかった」

「彼らは僕をジョージ・ラッセルの代わりと見なしていた。僕はすぐに結論に達した。『このチームは何なんだ?』とね。ラッセルを外して、ラティフィをキープするなんて馬鹿げてる」

「ジョージはF1から外してはいけないメガタレントだ。ウィリアムズが本当に何かを欲しがっていたら、彼らはラティフィを外しただろう。そうなれば、彼らはラッセルとマグヌッセンを起用していた。僕の意見では強力なデュオだ」とケビン・マグヌッセンは微笑んだ。

ウィリアムズF1が今年改善したのは確かだが、チームはまだ財政的に苦労しているようだ。

たとえば、18インチタイヤをF1アブダビGP後のポストシーズンテストまでテストしていないのはウィリアムズF1だけだ。

「基本的な考慮事項は財政面だった」とウィリアムズF1のトップエンジニアであるデイブ・ロブソンは認めた。

「我々は、2022年のタイヤに適合したマシンを製造するための財政的支出に価値があるとは考えなかった。当時は経済的な手段がなかった」

「その後、その決定を覆すには遅すぎた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル