ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームのオーナーであるじーん・ハースがF1撤退を決断することはイメージと語る。

2016年に彼の会社であるハース・オートメーションを宣伝するためにF1に参入したジーン・ハースは、最近、2021年にF1グリッドに参加しない可能性があることを示唆して見出しとなった。

ハースF1チームのドライバーを務めるケビン・マグヌッセンは、ジーン・ハースの警告は理にかなっていると BT に語る。

「ジーンは昨年のような最後から2番手でいることに間違いなく疲れている」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「それが彼の将来の計画にどのように影響するかはわらないけど、彼が最下位や9位でいなければならない場合、彼がF1にいることを悩まないのは間違いないだろう」

「僕はそれを知っているし、彼にそれを尋ねる必要さえない」

しかし、ケビン・マグヌッセンは、ハースがF1から撤退することで、自分のF1キャリアを終える可能性を心配していないと語る。

「僕たちが再び9位になるとは思わないので、そうなることは準備していない」とケビン・マグヌッセンは語る。

「2019年は1回限りだった。僕たちが本来の結果を出せれば、ジーンは続けたいと思うはずだ」

ケビン・マグヌッセンは、2021年の新しいレギュレーションと予算上限がそれらの野心に役立つはずだと語る。

「ビッグチームと同じチャンスがあるわけではないけど、ハースは新しいルールの恩恵を受けることができるチームだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース