アメリカグランプリ グリッド ペナルティ
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1アメリカGPの予選Q1でセルジオ・ペレスの走行を妨害したとして3グリッド降格と1点のペナルティポイントを科せられた。

ケビン・マグヌッセンとハースF1チームはインシデントの責任を認めており、チームはセルジオ・ペレスはアウトラップ中だという誤ったアドバイスをしたと説明した。

「彼はアタックラップをしていたが、僕はアウトラップだと伝えられていたので、彼を前に通さなかった」とケビン・マグヌッセンは Sky F1 にコメント。

「彼がかなり起こっているのは理解できる。ミスだったとしか言いようがないし、申し訳なく思っている。彼のラップを妨げてしまったのは確かだし、それはペナルティを科せられる行為だ」

Q3に進出したが、10番手タイムに終わったセルジオ・ペレスは、ケビン・マグヌッセンにブロックされたことでチャンスが奪われてしまったと語る。

「かなり落胆している。今日は8番手、あるいは7番手を獲得できるペースがあったとセルジオ・ペレスはコメント。

「僕の四sンはQ1でマグヌッセンにブロックされたことで大きく損なわれた。余分なタイヤセットを使わなければならなかったし、それによってQ3で1セットしかなくなってしまった。かなり影響を受けた」

「もちろん、彼は意図的にやったわけではないけど、彼やハースが間違ったことすることはかなり頻繁に起こっているし、彼らは改善しなければならないと思う」

ケビン・マグヌッセンは、予選を最下位20番手で終えたが、エンジン交換でグリッドペナルティを科せられるニコ・ヒュルケンベルグ、ブレンドン・ハートレーよりも上位の18番グリッドからスタートすることになる。

関連:F1アメリカGP 予選:ルイス・ハミルトンが圧倒的なポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン