ナレイン・カーティケヤン
HRTは、来週末のF1インドGPに出場しないドライバーがヴィタントニオ・リウッツィであることを発表した。

HRTは、ナレイン・カーティケヤンが母国インドでの初グランプリでレースに復帰することをすでに発表していた。

当初は、F1インドGPで交代になるのは、今シーズン途中にレッドブルとHRTの取り決めでナレイン・カーティケヤンのシートに座ることになったダニエル・リカルドだと思われていた。

ダニエル・リカルドも「少なくともプラクティスセッションでは走ると思う」と述べ、ヴィタントニオ・リウッツィのマネジャーは2011年に全てのレースに出場する断固たる契約があると主張していた。

しかし、HRTは「ダニエルは今回のイベントで34歳のインド人ドライバーとペアを組む」と発表。

チーム代表のコリン・コレスは「リカルドとカーティケヤンでドライビングプログラムを完了させるためにインドGPから身を引いて欲しいとトニオ・リウッツィに頼んだ」とコメント。

「トニオのプロフェショナルなアプローチと姿勢に感謝しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ナレイン・カーティケヤン | ヴィタントニオ・リウッツィ | HRT