小林可夢偉
小林可夢偉は、F1バルセロナ合同テスト初日に7周を走行し、4番手タイムとなる1分25秒641を記録した。

小林可夢偉
「技術的なトラブルによってプログラムの全てをこなすことはできませんでした。午前中はウェットコンディションだったため、ウェットタイヤの情報を収集するにはよかったですね。午後は予定していた全てを実施することができなかったので、いくつかの仕事が明日に残ってしまいました」

ジェイムス・キー
「今朝はウェットでスタートしたので、ウェットタイヤのプログラムを行うことに決定した。ピレリはここにレース仕様のウェットタイヤを持ち込んでおり、すでにレース仕様のインターミディエイトは試していたので、ウェットタイヤを理解するためにこの機会を利用することにした。路面は午前中に乾いていったので有益だった。ウェットとインターミディエイトタイヤが乾いていく路面でどのような挙動をするか学ぶことができた。それは常に役に立つことだ。パワートレインのトラブルに悩まされ、午前中は少し遅れをとってしまったが、午後には取り戻すことができた。燃料をトラック上で使い果たすことによってシステムをチェックし、そのあとここに持ち込まれているハード、ミディアム、ソフトのタイヤコンパウンドに取り組んだ。ロングランで一日を終えた。可夢偉は良い仕事をしてくれたし、かなり一貫性があった。トラックはタイヤに厳しく、ミディアムタイヤに適している。バルセロナ向けのセットアップは午後までスタートすることができなかった。いくつか有益な方向性を見つけられたし、明日もその作業を続けていく」

関連:F1バルセロナテスト初日:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / ザウバー