ジョリオン・パーマー ルノーF1 インディカー・シリーズ
今シーズン限りでルノーのF1シートを失うジョリオン・パーマーは、2018年にF1シートを確保できない場合は、インディカーに転向することを視野に入れていると述べた。

ルノーは、2018年にトロ・ロッソがホンダへとパワーユニットを変更する交渉の一環として、レッドブルからカルロス・サインツを獲得。ジョリオン・パーマーはルノーのF1シートを失うことになった。

ジョリオン・パーマーは、F1を離れなければならくなった場合は“レースを楽しむことができ、長期的な視点で集中できる場所”を見つけることが最優先事項だと述べた。

「今シーズン末でF1を離れることになったら、もちろん、新しい章をスタートすることになる」とジョリオン・パーマーはコメント。

「そこに全てを注ぎ込んで、長期的にやっていきたいと思っている」

「F1は素晴らしいし、残りたいと思っているけど、トップチームで安全なシートにいない限りは、毎年多くのプレッシャーがある」

インディカー転向を視野に入れているかと質問されたジョリオン・パーマーは「その可能性はあるし、オプションのひとつだ。でも、F1の後にはレースをするための場所はたくさんある」

「インディカーはそれらのひとつだ。それが好ましいオプションかどうかは言わないけどね」

「もちろん、非常に異なるカテゴリーだし、多くのことを考える必要がある」

ジョリオン・パーマーは、まだ“確固たるプランはない”と強調しつつも、いくつかのシリーズは“むしろやりたい”選択肢であると認める。だが、そのなかにスポーツカーへの転向は含まれていないようだ。

「僕はずっとホイール・トゥ・ホイールのバトルが好きだと言ってきた。LMP1はホイール・トゥ・ホイールのバトルができるとわかっているけど、耐久レースは非常に異なる」

「オプションのひとつではある。何が入手可能かを見なければならない」

「でも、僕はポジションをかけてホイール・トゥ・ホイールのレースをしたい」

ジョリオン・パーマーにはウィリアムズ移籍の可能性も残されているが、ウィリアムズのセカンドシートには、現行ドライバーのフェリペ・マッサ、リザーブドライバーのポール・ディ・レスタ、そして、F1復帰を目指すロバート・クビサという強力なライバルがひしめいている。

「僕が見る限り、1つのシートはある」とジョリオン・パーマーはF1でのオプションについてコメント。

「それを目指しているドライバーは何人かいる」

「チャンスはあるけど、そこに全てを注ぎ込むつもりはない」

ジョリオン・パーマーは、リザーブドライバーとしてF1に残る可能性は否定。「サードドライバーの役割には興味はない」と語った。

2週間前のF1シンガポールGPで6位フィニッシュを果たしたジョリオン・パーマーは、将来の雇い主に自分のポテンシャルを示すためにルノーでの残りのレースを使っていきたいと考えている。

「現時点で僕は今できる最高の仕事をすることに集中している。自分が何をしたいかはわかっているし、どれくらい活躍できるかが重要だ」

「F1にとどまれるかどうかに関わらず、F1は最高のショーケースだ」

「僕はまだ自分の実力を示さなければならない。それが今後のレースで僕がやっていくことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョリオン・パーマー | ルノー