ジョリオン・パーマー F1 ベルギーグランプリ
ジョリオン・パーマーが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ジョリオン・パーマー (ルノー)
「最初に思いつくのはオー・ルージュだ。とにかく素晴らしいね。テレビやオンボードで見て素晴らしいのがわかると思うけど、運転していると本当に素晴らしい。丘を全開で下って、反対側を駆け上がって、ストレートに進むのに準備できることはない」

「プーオンは今年エキサイティングなコーナーになるだろう。非常に速いエイペックスが二つある左コーナーは本当にチャレンジだ。ブランシモンは全開でバスストップ・シケインに繋がっている。そこは素晴らしいオーバーテイクポイントだ。スパは2008年にフォーミュラ・パーマー・アウディ・シリーズでのレースで優勝している。ウェットだったのを覚えている。それはスパではかなり典型的なことだ! GP2でも表彰台に上がっているけど、あのクラスでは勝てなかった。2014年のGPではフロントローを獲得したし、去年のF1の予選ではまずまずだった。いくつか良い思い出があるけど、もっと増やしたいね」

関連:2017 F1ベルギーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョリオン・パーマー / ルノー / F1ベルギーGP