ジョリオン・パーマー F1 イタリア
ジョリオン・パーマーは、F1イタリアGPの2周目にフェリペ・ナッセが“幅寄せした”と怒りを露わにした。

フェリペ・ナッセにオーバーテイクを仕掛けたジョリオン・パーマーは、最初のシケインの出口で接触。事故のダメージによって、最終的に両者ともリタイアを強いられた。

「本当に良いスタートを切っていたし、多くの順位を上げて、ナッセを追い越そうとしていた」とジョリオン・パーマーは Sky Sports にコメント。

「僕たちはターン1をサイド・バイ・サイドで通過した。ターン2で彼は僕に幅寄せして、僕たちはクラッシュした」

「彼はあまりにフェアにレースをしていなかった。彼は僕たち二人のレースを終わらせた」

フェリペ・マッサは、事故を引き起こしたとして10秒加算ペナルティを科せられ、後にリタイアした。ジョリオン・パーマーは、ナッセへのペナルティを知らされたときは信じられなかったと語る。

「彼はグリッドを降格させられるべきだと思う。僕のレースを終わらせたんだからね」

「フェアにレースをしなければならない。サイド・バイ・サイドになっているときに幅寄せしたら、グラベルに出るか、クラッシュするかの選択しかない」

「GP2とGP2の方が良いレースをしているよ」

スチュワードからペナルティを科せられたフェリペ・ナッセだが、ジョリオン・パーマーの見解に異議を唱えた。

スチュワードの決定に同意したかと質問されたフェリペ・ナッセは「正しいか、間違っているかで言えば、今となっては何も変えられない」とフェリペ・ナッセは Channel 4 に述べた。

「レースは終わっている。僕にとっても、彼にとってもね」

「僕のクルマは明らかに前に出ていたし、リアから大きな衝撃を感じた」

関連:F1イタリアGP 結果:ニコ・ロズベルグが2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョリオン・パーマー | ルノー | F1イタリアGP