F1日本GP スチュワード エマニュエル・ピロ
FIAは、F1日本GPのドライバー出身枠レーススチュワードにエマニュエル・ピロを指名したことを明らかにした。エマニュエル・ピロのスチュワード就任は、今年のモナコGP以来となり、通算19回目となる。

エマニュエル・ピロは、1989年から1991年までの3シーズンF1に参戦し、最初はベネトン、そして90年から91年スクーデリア・イタリアに在籍。その後、マクラーレンで4年間テスト・ドライバーを務めた。

ほぼ40年に及ぶモータースポーツ・キャリアのなかで特に有名なのはスポーツカーレーシングで、ル・マンで5回、デイトナ24時間で1回、セブリング12時間で2回優勝している。

エマニュエル・ピロは、2010年アブダビGPでFIAスチュワード・デビューし、その後、定期的にスチュワードを務め、今季もすでにロシアとモナコで務めている。また、日本GPは2013年と2015年に務めている。

関連:2016 F1日本GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1日本GP