F1 日本GP 入場者数
鈴鹿サーキットは、2013年 F1日本GPの入場者数を発表。3日間の合計で17万1000人にとどまった。

鈴鹿での25回目の開催となった今年のF1日本GP。決勝日の来場者数は、昨年の10万3,000人を大きく下回る8万6000人となった。

3日間の合計でも昨年の20万8,000人を大きく下回り、2010年の19万人を抜いて過去最低の数字となった。

今年は2001年以来となる日本人ドライバー不在。昨年からはフジテレビの地上波でのF1放送も終了している。鈴鹿でのグランプリは、2006年には36万人を超え、決勝日だけでも16万1000人を動員していた。

鈴鹿サーキットは、2018年までのF1日本GPの開催契約を結んでいる。

2006年以降の鈴鹿サーキットF1観戦来場者数の推移

 3日間フリー走行予選日決勝日
2013年17万1000人  8万6000人
2012年20万8000人4万1000人6万3000人10万3000人
2011年19万9000人3万4000人6万3000人10万2000人
2010年19万人3万3000人6万1000人9万6000人
2009年21万人3万1000人7万8000人10万1000人
2006年36万1000人5万7000人14万3000人16万1000人

関連:F1韓国GP、過去最低の入場者数 - 2013年10月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1日本GP