F1日本GPの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

F1日本GP、2021年の開催や観客有無は「東京オリンピックの状況も影響」

2021年4月24日
F1日本GP、2021年の開催や観客有無は「東京オリンピックの状況も影響」
2021年のF1日本GPは、ホンダがタイトルスポンサーになることが発表されたが、実際に観客を入れるかどうかは東京オリンピックがどうなるかにも影響してくると語る。

今年、東京では1年延期となったオリンピックの開催が予定されているが、新型コロナウイルスの再流行によって東京など4都府県に25日に3度目の緊急事態宣言が発令される。

鈴鹿サーキット、F1日本GPの開催契約を2024年まで3年間延長!

2021年4月24日
鈴鹿サーキット、F1日本GPの開催契約を2024年まで3年間延長!
F1は、鈴鹿サーキットとのF1日本GPの開催契約を3年間延長。2024年までの開催が決定した。

鈴鹿サーキットは、1987年にF1レースを初開催してから2年を望んいてF1日本GPを開催してきたが、現在の契約は10月8日から10日に予定されている2021年のレース後に失効する予定だった。

ホンダ、2021年 F1日本GPのタイトルスポンサーに就任

2021年4月24日
ホンダ、2021年のF1日本GPのタイトルスポンサーに就任
ホンダは、2021年のF1世界選手権 第17戦 F1日本GP(10月8日~10日)のタイトルスポンサーに決定したことを発表。今年のF1日本GPのレースは『2021 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 Honda日本グランプリレース』の名称で開催される。

ホンダのブランド・コミュニケーション本部長を務める渡辺康治は「鈴鹿サーキットでの伝統あるF1日本グランプリレースのタイトルスポンサーを、再びホンダが務めることを大変光栄に思います」とコメント。

ホンダ、2021年のF1日本GP開催のために日本政府に働きかけ

2021年4月23日
ホンダ、2021年のF1日本GP開催のために日本政府に働きかけ
ホンダは、ラストイヤーになんとかF1日本GPを開催できるよう政府に“大きな圧力”をかけていると Auto Motor und Sport に寄稿するジャーナリストのマイケル・シュミットは語った。

“コロナ時代”の2シーズン目となる2021年もF1カレンダーは不確実なものとなっている。特にF1カナダGPについては現時点で大きな疑問があり、他のレースに関しても観客の入場が許可されるかどうかは分からない。

ホンダF1幹部 「角田裕毅の存在は日本企業のホンダにとって特別」

2021年4月9日
ホンダF1幹部 「角田裕毅の存在は日本企業のホンダにとって特別」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、今年アルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅の存在は日本企業のホンダにとって特別だと語る。

ホンダは、2018年からホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の育成ドライバーとして角田裕毅を正式に支援。今年、日本として7年ぶり、最年少の20歳で角田裕毅をF1ドライバーとしてデビューさせた。

小林可夢偉 「F1日本GPの表彰台は優勝したベッテルに申し訳なく感じた」

2021年4月9日
小林可夢偉 「F1日本GPの表彰台は優勝したベッテルに申し訳なく感じた」
小林可夢偉は、2012年のF1日本GPでの表彰台は、優勝したセバスチャン・ベッテルに申し訳なく感じたと語った。

小林可夢偉は、鈴鹿サーキットで開催された2012年のF1日本GPで3位フィニッシュ。日本人としては2004年アメリカGPでの佐藤琢磨以来8年ぶり、鈴鹿では1990年鈴木亜久里以来22年ぶりとなる日本人3人目の表彰台登壇者となった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム