インディカー ロバート・ウィッケンズ
ロバート・ウィッケンズは、インディカー 第14戦ポコノの決勝レースでのクラッシュによって負傷した脊髄損傷の手術を受けることを所属チームのシュミット・ピーターソン・モータースポーツが発表した。

ロバート・ウィッケンズは、レースの7周目にライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)と接触。マシンはバリア上部のキャッチフェンスまで跳ね上がり、炎を上げながらコースに戻り大破した。

メディカルクルーによって救出されたロバート・ウィッケンズは、首にネックブレースを装着された状態でヘリでリーハイ・バレー病院に搬送。約1時間後に意識は清明であることが報告された。

その後、シュミット・ピーターソン・モータースポーツは、ロバート・ウィッケンズの容体を発表。肺挫傷、下肢、右腕、背骨を負傷し、リーハイ・バレー病院で治療を受けていると発表していた。

その後、ロバート・ウィッケンズはMRIスキャンが実施され、脊柱損傷の手術が実施されることが決定した。

「シュミット・ピーターソン・モータースポーツのドライバーであるロバート・ウィッケンズは、8月19日(日))のポコノ・レースウェイでのABC Supply 500で負傷し、引き続きリーハイ・バレー病院で治療を受けています」とシュミット・ピーターソン・モータースポーツは声明で発表。

「MRIは最も適切な手術コースを明らかにし、ウィッケンズは月曜日の夜に脊髄損傷のための手術を受けます」

脊髄損傷のレベルがどの程度のものなかか、また、その他の負傷の度合いはまだ明らかにされていない。

関連:【動画】 インディカー | 大クラッシュで赤旗中断 … ウィッケンズが病院に搬送

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー