インディカー
2019年のインディカー・シリーズ 第12戦 アイオワの決勝レースが7月20日(土)に行われ、ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)が優勝。佐藤琢磨はリタイアでレースを終えた。

第12戦の舞台は全長0.894マイルのアイオワ・スピードウェイ。アメリカ大陸の中央付近に位置するアイオワ州デ・モインの西40マイルほどのところに作られた小さいながらもチャレンジングなオーバルコースだ。

サーキットにはスタート前から雨が降り、レースは4時間半遅れとなる現地夜22時45分にようやくスタート。レース中にも雨による赤旗中断となり、300周のレースは深夜1時にチェッカーを迎えるミッドナイトレースとなった。

優勝はジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)。序盤にトップ立ったニューガーデンはそこからレース優位に進め、今季4勝目。チャンピオンシップのリードを29ポイントに広げた。

2位にはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)、3位にはジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)が続いた。

4番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、スタートで一時2番手まで順位を上げるが、その後は4番手でレースを進める。だが、レース終盤にセージ・カラムに追突されてスピン。マシンにダメージを負い、2戦連続でリタイヤでレースを終えた。

PosNoDriverTeam 
12ジョセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキーC
29スコット・ディクソンチップ・ガナッシH
35ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH
422シモン・パジェノーチーム・ペンスキーC
521スペンサー・ピゴットエド・カーペンター・レーシングC
627アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポートH
726ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポートH
815グラハム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH
918セバスチャン・ブルデーデイル・コイン・レーシングH
1014トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシングC
117マーカス・エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH
1219サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシングH
1359コナー・デイリーカーリンC
1410フェリックス・ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH
1512ウィル・パワーチーム・ペンスキーC
164マティアス・レイストA.J.フォイト・レーシングC
1728ライアン・ハンターレイアンドレッティ・オートスポートH
1888コルトン・ハータハーディング・スタインブレナーH
1920エド・カーペンターエド・カーペンター・レーシングC
2030佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH
2198マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポートH
2231セージ・カラムカーリンC


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー