インディカー
2019年のインディカー・シリーズ 第12戦 アイオワの予選が7月19日(金)に行われ、シモン・パジェノー(ペンスキー)がポールポジションを獲得。佐藤琢磨は4番手だった。

第12戦の舞台は全長0.894マイルのアイオワ・スピードウェイ。アメリカ大陸の中央付近に位置するアイオワ州デ・モインの西40マイルほどのところに作られた小さいながらもチャレンジングなオーバルコースだ。

オーバルトラックでの予選は、各車が2周を連続して走行し、その平均速度をもとにグリッドを決定する。

ポールポジションを獲得したのはシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)。20番目に出走したパワーは平均速度 180.073をマーク。2戦連続でポールッポジションを獲得した。2番手にはウィル・パワーが続き、3番手にはジョセフ・ニューガーデンが続き、ペンスキー勢のトップ3を独占した。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は17番目に出走。平均速度177.646mphをマークし、ホンダ勢でトップとなる4番グリッドからスタートすることになった。

Pos.No.DriverTeamSpeed
122シモン・パジェノーチーム・ペンスキーC180.073
212ウィル・パワーチーム・ペンスキーC179.589
32ジョセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキーC179.449
430佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH177.646
55ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH176.200
627アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポーツH176.056
715グラハム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH175.857
89スコット・ディクソンチップ・ガナッシH175.725
928ライハン・ハンターレイアンドレッティ・オートスポーツH175.618
107マーカス・エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH175.578
1188コルトン・ハータハーディング・スタインブレナーH175.346
1219サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシングH175.316
1314トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシングC174.848
1431セージ・カラムカーリンC174.323
1510フェエリックス・ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH174.237
1659マックス・チルトンカーリンC173.837
1720エド・ジョーンズエド・カーペンター・レーシングC173.540
1898マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポーツH173.044
1921スペンサー・ピゴットエド・カーペンター・レーシングC171.791
2026ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポーツH171.626
2118セバスチャン・ブルデーデイル・コイン・レーシングH171.390
224マティアス・レイストA.J.フォイト・レーシングC167.136


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー