ジャスティン・ウィルソン
ジャスティン・ウィルソンは、インディカー 第15戦 ポコノの決勝レースでクラッシュして飛び散ったマシンの破片がヘルメットに直撃。頭部に重傷を負い、昏睡状態に陥っている。

ジャスティン・ウィルソンは、レース後半にクラッシュしたセイジ・カラムのマシンのボディーワークの大きな破片がヘルメットに直撃。直後にノーズからバリアに激突した。

すぐに安全クルーが現場に駆けつけ、ジャスティン・ウィルソンは、近くのアレンタウンの病院にヘリコプターで搬送された。

インディカー・シリーズは、日曜日に声明を発表。ジャスティン・ウィルソンの怪我は深刻であり、重篤な状態であることを認めた。

アンドレッティのチームメイトであるライアン・ハンター・レイは「僕が知る限り、彼は意識不明であり、反応していなかった。彼は空輸された。全てがとても悪い状態だ。とても心配だ」と述べた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー