ニコ・ヒュルケンベルグ 「また必要な場合には力を貸すよ」 / アストンマーティンF1 サウジアラビアGP決勝
アストンマーティンF1のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年F1第2戦サウジアラビアグランプリの決勝を12位でフィニッシュした。

新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役として開幕2戦で出場したニコ・ヒュルケンベルグ。ハードタイヤでのスタートの利点が序盤のセーフティカーによって打ち消されてしまい厳しい展開となったが、週末を通して大きなミスもなく2レースを走り切った。

「厳しいレースだったけど、車での経験が限られていることを考えれば、自分のパフォーマンスには満足している」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「クリーンなレースをまとめることができたけど、残念ながら、イベントやチャンスはあまり僕たちに好都合には進まなかった。例えば、最初のセーフティカー期間は助けにならなかった。僕たちはハードタイヤで長い第1スティントを走っていたからね。それは僕たちのレースに妥協を強いた」

「全力を尽くしたけど、ポイントは手の届かないものだった」

「再び代役を務めてチームの助けになれたことをうれしく思っている。また必要にあった場合はいつでも力を貸せるようにしておくよ」

新型コロナウイルスに感染してから2週間以上が経過したセバスチャン・ベッテルは、次戦オーストラリアGPで復活できると考えられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ(アストンマーティンF1チーム) サウジアラビアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アストンマーティン / F1サウジアラビアGP