F1 ニコ・ヒュルケンベルグ
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、フォーミュラE転向を検討する“準備ができていない”と語る。

ハースがロマン・グロージャンを放出した場合、グロージャンはすでに受け取っているオファーを受け入れることになると噂されている。

現在、ニコ・ヒュルケンベルグもF1での将来が不確実になっているが、「まだフォーミュラEに転向する準備はできていない。自分がやっていることが好きだからね」とコメント。

「もちろん、チャンスがあるかどうか次第だけど、今のところはF1だけに焦点を当てている」

ルノーF1チームは、2020年の選択を検討していることを公にしている。ニコ・ヒュルケンベルグはポルシェからフォーミュラE参戦だけでなく、ロマン・グロージャンに代わってハースへの加入も噂されている。

「常に噂がある。F1はそういうものだ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「まだF11にとどまるという自信はかなりある。先週から特に変わってたことはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ルノー / フォーミュラE