F1 ニコ・ヒュルケンベルグ
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、F1シートを喪失した場合にはフォーミュラEに転向すると報じられている。

噂では、メルセデスがエステバン・オコンをルノーにローン移籍するよう働きかけており、今シーズン末でニコ・ヒュルケンベルグがルノーのF1シートを失うのではないかと噂されている。

オーストリアのパドックでは、ニコ・ヒュルケンベルグがポルシェからフォーミュラEに参戦するとの噂が広まった。

2015年にポルシェとともにル・マン24時間レースを制しているニコ・ヒュルケンベルグだが、焦点はF1だと語る。

「ルノーにはまだ有効なオプションもある」とニコ・ヒュルケンベルグは Auto Motor und Sport にコメント。

「それらのいくつかはそれ自体を保護することになるだろう。今後数週間はまだよく眠れると思う」

パドックでは評価の高いニコ・ヒュルケンベルグだが、F1デビュー以来の表彰台未登壇記録という不名誉な記録を更新し続けている。また、現時点では新加入のダニエル・リカルドと比べて輝くことができていない。

「自分がやっていることはわかっている。何らかの理由で常にうまくいかなかった。僕のせいでもあれば、技術のせいのときもあった。環境のせいのときもあった」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「でも、全力を尽くしてその統計を変えたいと思っている」

今のところ、2020年のニコ・ヒュルケンベルグの将来は開かれている。

「すべてがとてもシンプルだ。僕は競争力のクルマに乗りたい。現時点では何も言えることはない。レースに集中している」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「いずれにしろ急ぐ理由はないし、どうなるか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー | フォーミュラE